よくあるご質問

メールマガジンの登録について

メルマガには何が書かれていますか?
アワード関連イベントのお知らせ、ブログの更新、お申し込みのリマインドなど年度を通しての時宣を得たご案内をお届けします。
汎用アドレスでも登録できますか?
所属企業のアドレス登録を基本としますが、第2アドレスとしてgmail, yahooその他汎用アドレスの登録も可能です。
メルマガ配信のみ希望したいのですが可能ですか?
メルマガのみの配信はできません。メルマガはメンバー登録されている皆様にお送りしております。まずは、メンバー登録をお願いします。

マイページ登録

有料ですか?
メンバー登録には一切費用がかかりません。
メンバー登録後にマイページをご利用いただけます。
メルマガ登録と何が違うのですか?
登録方法は同じですが、イベント申し込みやメンバーだけの申し込みや様々な事務手続きが可能となります。
必須記入項目に記入しなければならない理由は何ですか?
記入事項に基づいた特別なご案内をさせて頂きます。

他社の発表だけ聞きたい

他社の発表だけ聞きたい 表彰部門に参加せず他社の申請を読み発表を聞くことはできませんか?
アワードはギブアンドテイクのメンバーイベントです。参加せずに過去資料を閲覧することや当年度の申請内容を見聞きすることはできません。

申し込み手続き

複数申請できますか?
1社で複数の申請を行うことは可能です。参加費用の割引制度がありますのでご利用下さい。
申込者はどのような責任がありますか?
事務局との連絡窓口を務めて頂きます。各種登録・請求支払い・資料提出等の手続きを一元的に行って頂きます。
業務委託先との共同申請できますか?
発注元企業・受託企業連名での申請も可能です。但し、申し込み責任者はどちらか1社の責任者を決めて頂く必要があります。
部門ごと申請数は教えてもらえますか?
何社がどの部門に申請をしているかは公開していません。会期中に申請部門を変更することもあるためです。

キャンセル・変更・追加

申込後キャンセルはできますか?
キャンセルは可能です。但し、参加料お支払後の返金は致しません。また、その場合過去資料の閲覧もできませんのでご了承下さい。
セット割引の申し込みをしましたが、一部キャンセルはできますか?
複数申請割引、個人賞とセンター表彰部門のセット割引の申し込みを頂いたのち通常の申し込みに変更することは可能です。事務局へのご連絡をお願いします。
通常の申し込みをしましたが、セット割に変更はできますか?
セット割引提供期間中であれば変更可能です。事務局へのご連絡をお願いします。
見積書はもらえますか?
ご要望に応じて見積書を発行します。事務局へのご連絡をお願いします。

料金について

参加料金
センター表彰、個人表彰等表彰部門、各種セミナー等のイベントへのご参加に対しては所定の料金を申し受けます。個々の案内ページをご参照下さい。
割引料金
センター表彰部門に加えて個人表彰部門にも参加される場合にはパッケージ価格での割引制度があります。通常95000円のセンター表彰部門参加料+25000円の個人表彰部門参加料で120000円のところ、100000円(税別)の割引価格が適用されます。 パッケージ価格適用期間内にお申し込み下さい。
センター表彰部門に複数申請される場合には、複数申請割引制度があります。2申請目以降は通常95000円の参加料金が70000円(税別)となります。
クーポン
割引料金適用の際には、パッケージ価格での申込時に割引きクーポンコードが発行されます。2つ目以降の申請申し込みに当該クーポンコードを入力して下さい。

支払い

請求書はもらえますか?
マイページから申し込みを頂くと請求書がダウンロードできます。プリントしてご利用下さい。
領収書はもらえますか?
全てのお申込みに対して料金のお支払は銀行振込となります。振り込み記録をもって領収に代えておりますので領収書は発行しません。ご了承下さい。
期日までの入金ができませんが何とかなりますか?
入金確認をもって参加の権利が発効しますので期日前入金をお願いします。

過去資料の閲覧

勉強のために閲覧だけすることはできませんか?
アワードはギブアンドテイクのメンバーイベントです。参加せずに過去資料を閲覧することや当年度の申請内容を見聞きすることはできません。
参加料金入金後でなければ閲覧できないのですか?
その通りです。但し、過去参加企業に対しては申し込み時点でID/PWの有効化を行いますので閲覧は可能になります。

全申請発表会

会場・開催日が決定されるのはいつですか?
7月に予定されている全申請発表会の日時と会場決定は6ヶ月前となります。1月中旬にはご案内致します。
発表の制限時間は決まっていますか?
例年20分の発表時間+5分の質疑応答となっています。しかしながら当年度の参加申請数によって変動することがあります。申請締め切り後当年度の発表時間を公表させて頂きます。
時間指定は可能ですか?
出張されての発表を行うため午後の時間が有り難い、といったご要望もあるため極力ご要望に沿う時間割と致します。事前に事務局へのご連絡をお願いします。
申込者と発表者は違ってもいいですか?
構いません。また、発表者の人数も制限はありません。
発表者と質問回答者は違ってもいいですか?
構いません。
資料配布はありますか?
全申請発表会はクローズドイベントです。資料配布は一切行いません。持ち込み配布もできません。
小道具の持ち込みは許されますか?
発表の都合でのポスターやその他発表内容に付随する小道具の持ち込みと紹介は可能です。
申し込みは1人づつしなければならない?
1申請に対する参加者枠(5名)となっています。個別に申し込みをして頂く必要はありません。ただし、追加枠をお申し込みの場合は個々にお申し込み下さい。
カメラマン/広報/プレスの同行は許されますか?
参加人数枠とは別に申請に対して1名のカメラマンの同行は可能です。ただし撮影は自社申請のみとさせて頂きます。事前に事務局へのご連絡をお願いします。

審査・投票

審査基準
各申請を審査員が評価する基準は以下の通りです。これを参考に申請内容のシナリオや説明のポイント等をお考え下さい。
審査員
各年度の審査員を主催者/事務局で選任します。決定次第公開致します。
投票義務
投票は、各申請企業申し込み責任者によってマイページから投票して頂きます。棄権せず投票して下さい。
過去参加企業、スポンサーに投票権はありますか?
ありません。

資料作成と提出

アップロードできない
セキュリティの関係でアワードサイトにアップロードできない場合は個別に対応致します。事前に事務局へのご連絡をお願いします。
申請タイトルの付け方
申請内容を端的に表現するタイトルをお考え下さい。副題含め極力シンプルに、かつ他の参加者の興味を引く文章をお考え下さい。
※ アドバイスが必要な方には「チャレンジ・アワード」にて個別アドバイスを致します。
会社属性情報入力と申請資料は異なる提出日でもいいですか?
申込時に記入頂く会社属性情報はいつでも変更が可能です。まずこれを記入頂き、自由書式の申請資料は期限内にご提出下さい。この申請資料も期限内であればいつでも差し替え可能です。
提出後に資料の変更をする必要がある場合は変更許されますか?
期限内であればいつでも変更可能です。期限後の変更はできませんのでご注意下さい。

最終発表会

急遽参加できなくなった場合はどうなりますか?
発表ができなくなった場合、参加辞退と見なします。表彰の対象となりませんのでご注意下さい。
カメラマン/広報/プレスの同行は許されますか?
参加人数枠とは別に申請に対して1名のカメラマンの同行は可能です。ただし撮影は自社申請のみとさせて頂きます。事前に事務局へのご連絡をお願いします。

ロゴの提供

申請資料にアワードロゴを入れることはできますか?
できません。
受賞後プレスリリースをしたいのですが、アワードロゴを頂けますか?
ロゴのデザインシートを提供します。事務局へのご連絡をお願いします。

審査員コメント

いつ頂けますか?
最終発表会終了後約10日後にマイページから閲覧可能となります。それ以前にはご提供できませんのでご了承下さい。

他社と交流したい

他の会社との交流をしたいのですが、そのような場を設けていただけますか?
アワード各種イベントで交流された会社同士で直接会話して頂くことを奨励します。交流のない会社への質問・訪問希望等のご要望については事務局へのご連絡をお願いします。出来る限りのアレンジを致します。また、自社がホストになって交流会やワークショップを開催したいというご要望があれば事務局へのご連絡をお願いします。開催に向けて出来る限りのご協力を致します。

スポンサーになりたい

スポンサーになるには、どうすればよいでしょうか?
事務局へのご連絡をお願いします。ご説明に伺います。

地方開催

地方での開催予定はございますか?
アワード自体の予備選や地方開催の予定はありません。

セミナー

セミナーの開催予定や内容はどこでお知らせされますか?
開催予定はメルマガにて、公式ホームページにてご案内致します。こういう内容のセミナーを受けたいなどご要望があれば事務局へのご連絡をお願いします。開催に向けて出来る限りのアレンジを致します。
ゴールドスポンサー
バーチャレクス・コンサルティング株式会社
ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン株式会社
日本コンセントリクス株式会社様ロゴ
シルバースポンサー
富士通コミュニケーションサービス株式会社
運営組織
主催

株式会社リックテレコム
コールセンタージャパン編集部


共催

イーパートナーズ有限会社

ページトップへ