ブログ

最終審査会AGENDA公開と参加申込受付開始 – 事務局ブログ【第18回/2022年】

7月13日に開催された1次審査会の後、全参加者による相互投票が行われ晴れて9月29日に両国で行われる最終審査会に駒を進めるファイナリストの皆さまが決まりました。
参加企業の皆さま、申請の評価と投票お疲れさまでした。
全ての申請を見るのは時間もかかり大変でしたが、他社の申請からは自社にない発想や工夫の数々を知ることができたのではないでしょうか?
どの企業が、どの申請が選考されたかは来週8日(月)に公開します最終審査会AGENDAをご覧下さい。
当日発表する皆さまは部門賞受賞者ですが、最終審査会では最優秀部門賞をかけて審査員審査に臨んで頂きます。
 
参加企業各社は2名様まで最終審査会に参加頂くことができますが、3名以上のご参加をご希望の場合、追加参加の方はマイページから個別にお申し込み頂く必要があります。
会場定員遵守のため、1申請に対し3名迄の追加申込を受け付けます。1名につき11,000円(税込)です。
感染対策にご理解頂きご了承下さい。
 
また、最終審査会に関しては一般参加の方の参加も限定人数で受け付けます。
今年不参加の企業様でも1企業5名様までお申し込み可能です。1名につき33,000円(税込)です。
こちらもマイページからお1人ずつお申し込み頂きます。
参加者投票の得票上位であるファイナリストの発表は納得の内容です。
多くの示唆がそこにはあります。
来年は参加してみようとお思いの方、何かにお悩みで運営改善のヒントを得たい方などは特に参加して頂き発表を参考にして頂くことをお薦めします。
 
AGENDAの公開並びに参加申込受付は8月8日(月)12:00-の予定です。
お楽しみに。

オフィス環境賞応募締め切りまで2週間 – 事務局ブログ【第17回/2022年】

オフィス環境部門の申請申し込み締め切りが8月10日(水)ですので、あと残すところ2週間です。
この賞は3年ごとに開催する表彰部門ですので、今回の申請を逃すと次が2025年となります。
 
過去3回の審査で27センターを表彰していますが、そのどれもがそこで働く従業員に次のような印象を抱かせるものです。
● 働きやすい
● 疲れない
● 仕事がはかどる
● 皆とコミュニケーション取りやすい
● 一緒に働く仲間との連帯感を感じる
● 通勤が楽
● ずっとここで働きたい
センター施設の全体を申請対象にして頂いたところも、トレーニングルームやリフレッシュルームだけという申請もありました。
過去の申請は【こちら】からご覧下さい。
 
今回はコロナ禍を経験した業界として、在宅環境やサテライト施設等も含めて申請を受け付けることにしています。
● この環境で在宅に不安なく仕事ができるようになった
● 仕組みが整備されていて孤独感を感じない
● いつでも好きな時間に働けてうれしい
● 安心安全への配慮がありがたい
といった新たな環境施策を構築された企業からの応募も期待しています。
 
雇用、効率、品質、安心・安全にかかわる環境面での工夫をされている企業は是非応募をご検討下さい。
まだ間に合います。
申請資料10枚と紹介動画をお送り頂くだけです。
多くのご参加をお待ち申し上げます。

オフィス環境賞 – 事務局ブログ【第16回/2022年】

1昨日13日にはセンター表彰部門1次審査会が開催されました。
25申請の皆さまが3年ぶりに”リアル“に登壇し、熱のこもった発表が繰り広げられました。
以降29日までが投票期間となります。
参加企業の皆さまは企業毎の総意をまとめて投票をお願いします。皆さまの投票で部門賞受賞者が決まります。
投票の結果、得票上位の最終発表会に駒を進めるファイナリストを選定し、8月8日(月)には最終審査会のAGENDAを公開します。楽しみにお待ち下さい。
 
3年ぶりと言えば、オフィス環境賞の選考もそうです。
3年ごと開催の表彰部門で、前回2019年から今年が3年目となります。
前回7社が受賞されました。
その年には受賞者である鳥取県米子市のイーウェル様のセンターと、愛媛県松山市のNTTマーケティングアクト様のセンターにはセンター訪問という形で大勢の参加者と共にお伺いしました。
デザイン賞を受賞できるような設計と機能美を誇りますが、オフィス環境賞の受賞要件はいかに実用性に富み、その施設を使用するスタッフの生産性、品質、モチベーションにいかに貢献できたかを評価されるものですので見学で学べることが沢山ありました。
残念ながらその後の2年間はコロナのため、移動や出張の制限やイベント開催に制約があり他の受賞企業には訪問できずじまいで今に至っています。
今年はセンターとしての施設のみならず、在宅環境やサテライト施設等も含めて申請を受け付けることにしていますので、様々な企業からの斬新な申請があるものと期待しています。
「センター全体の生産性向上」、「運用環境の工夫や改善」、「品質強化とモチベーション向上に貢献する環境」、「安心と安全を提供する環境設備」などの多様な視点から“これは”と思う施設や環境構築をされた企業は是非ご応募の検討をお願いします。
応募締め切りは8月10日(水)です。
多くのご参加をお待ち申し上げます。
 

ゴールドスポンサー
シルバースポンサー
オフィス環境賞スポンサー
コクヨ株式会社
運営組織
主催

株式会社リックテレコム
コールセンタージャパン編集部


共催

イー・パートナーズ有限会社

ページトップへ