ブログ

センター表彰審査員ブログ/谷口審査員 2019年度

コンタクトセンターの運用は年々難しくなっていきます。
センターは人の集団ですから、採用から研修そしてスキルアップの段階を経て1人前になるために時間と様々な投資が必要です。採用難は恒常的な課題です。顧客対応が複雑化・高度化する中でのトレーニングやモチベーション維持は大変です。
デジタルシフトが急速に進む中で、顧客と企業をつなぐコンタクトチャネルは益々多様化します。AIも進化し、単純な問い合わせは機械が人に替わって応対しますが、さはさりながら機械では対応できない難しい問い合わせは人が対応しなければなりません。人と機械がうまく融合できる仕組みを作るには多くの試行錯誤が必要です。
 
このような時代だからこそコンタクトセンターの運用に携わるマネジメントは視野を広げ、先進テクノロジーによる可能性を見極め、他社の取り組みに学び、組織のガバナンスの方法に工夫を凝らす必要があります。
コンタクトセンター・アワードはそのような必要性を感じた方への未来への扉を提供します。扉を開けて頂ければテクノロジーに関しても、人材系課題に関しても、運用施策や戦略の方向性に関しても生きた事例の学びと実際にそれを実施している生身のマネジメントとの出会いがあります。
16年間の英知の蓄積と、拡大するコミュニティに是非ご参加下さい。
 
ただ、勉強のためとはいえ他社のことは知りたい、自社のことは秘匿したいというのはフェアではありません。互恵が原則です。
アワードに興味はあって参加したいけれど、まずは過去の申請内容を見てから決めたいというお気持ちも理解します。誰でも過去300にのぼる申請のアーカイブを見たいでしょう。
ただ、参加しなければ見られない、という制約を設けているのは、センター表彰部門への参加者は全員現状を打破して改善を実行するチャレンジャーの集まりなのだ、というクラブ精神によるものです。もちろんクローズユーザーの集まりなので公表内容の秘匿性が存在することは安心材料だということはありますが。
ですから参加することを先に決めてからアーカイブをご覧頂きたいのです。
「学び」「磨き」「競い」「喜ぶ」アワードの精神は、他社から学ぶ、ということだけでは成立しないのです。私のことも話します、その上であなたのことも教えて下さいという相互交流を基本理念としていることをご理解ください。
 
申込期限まであと2週間となりました。
参加者の相互投票で第2次選考に進むファイナリストが決まるというオープン・アワードは他に類を見ません。
是非皆様のセンターの知恵と工夫を、業界全体で共有し、知見としてください。
多くの皆様との交流を楽しみにしています。
 
 
アワード事務局代表、審査員 谷口 修
 

センター表彰応募締め切りまであと2週間! – 事務局ブログ【第11回/2019年】

皆さまのコンタクトセンターでは10連休いかがでしたか?
高速道路の渋滞予想やテーマパークの入場者予想など事前の予想とは大きくはずれました。
皆さまのセンターのインバウンドコンタクト量とアライバルパターンは予測通りでしたか?
 
令和に改まり祝賀ムードに包まれた中で、過去に思いを馳せ新たな時代に寄せる期待を胸にしたことと思います。
予断を許さない経済環境のもとで益々難しくなる顧客対応をどのように乗り切るか、改めて考えて見る必要があります。
そんな時こそ他社との対話が必要です。志を同じくする業界のネットワークが力になります。
まだアワードに参加されていない方は勇気を持って是非ご参加下さい。
他社からの学び、意見交換、交流、相談ができるコミュニティは知識と活力の源泉となります。
センター表彰部門の申し込み締め切りは5月31日(金)、あと2週間です。
応募資料の提出は6月14日(金)ですのでまだ余裕です。
多くの皆さまからのお申込みお待ち申し上げます!
センター表彰の詳細はこちらから。
 
7月12日に予定されている今年度アワード参加者全員の集い、全ての申請を聞くことができる「全申請発表会」には一般参加はできません。発表会は参加者だけのクローズドイベントです。
他社の施策や成果を学ぶには、自社の取り組みも公開するという相互研鑽の精神が前提です。恥ずかしがらず、また自社主義に引きこもらずオープンなつながりを持ちましょう。
既に多くの申し込みを頂いています。
初参加の方も多いです。
益々多くの皆さまとネットワークできることを楽しみにしています!
 
6月12日に開催しますセンター視察in松山は、定員に達しましたので受け付けを締め切りました。
ご応募頂いた皆さま、様々な発見や刺激そして各社との交流お楽しみ下さい。
ご参加かなわなかった皆さま、センター視察第2弾を秋には企画したいと思いますので公開楽しみにしておいて下さい。
 

明日で早割終了 – 事務局ブログ【第10回/2019年】

過去経験のない10連休がいよいよ明後日から始まります。
コール量とアライバルパターンの予測に正確性を求めるにはどうすれば良いか、どちらのセンターでも大いにお悩みだろうと思います。併せて要員配置には大変なご苦労があることでしょう。
不要不急なコンタクトは少なく、平穏な連休になりますでしょうか。
 
連休前の慌ただしさの中、センター表彰部門のセット割引は明日26日が申込締め切りです。
リーダー・オブ・ザ・イヤー、そしてマネジメント・オブ・ザ・イヤーの両個人部門賞との併願割引特典を獲得して頂けるのは26日中の申し込みに限ります。
チーム全体を対象にするセンター表彰と、個人にスポットライト当てる個人賞はどちらも栄誉です。センター表彰部門だけに応募をしようとお考えの方も是非個人賞と併せてのお申込みをご検討下さい。
明日までの早割は、複数申請割引の申込みも同様です。
複数の施策で成果を出されているセンターは、応募を1つに絞って頂く必要はありません。申請カテゴリーが同じでも違っていても構いませんが是非多くの方に取り組みの内容を披露して下さい。他社から学ぶアワードの精神で、知見・経験の共有をお願いします。
割引価格での応募は、マイページからクーポンを購入頂くスタイルとなります。
初参加の方はクーポン代金お支払い後に過去資料の閲覧が可能となりますので、いずれにしても早めのお申込みが余裕を生みます。
※過去資料閲覧には申請が必要になります。
※連休中にご入金された場合は、連休明けに閲覧可能になります。
同時に受け付けをしていますオフィス環境部門とセンター表彰部門の併願割引はありませんのでご了承下さい。
 
通常価格でのセンター表彰部門ご応募はあと1ヶ月、5月31日まで受け付けします。
6月は提出資料の校正と不備確認をお願いします。
最終的な資料提出は6月14日(金)となります。
多くの皆さまからのお申込みお待ち申し上げます!
 

ゴールドスポンサー
シルバースポンサー
サポーター
オフィス環境賞スポンサー
コクヨ株式会社
運営組織
主催

株式会社リックテレコム
コールセンタージャパン編集部


共催

イー・パートナーズ有限会社

ページトップへ