ブログ

センター表彰審査員ブログ/谷口

センター表彰の申請書類提出締切まで残すところあと1週間となりました。今年初めて参加される企業を含めて20数社の申し込みが出揃い、参加企業の皆様は申請資料のチェックに余念がない事だと思います。事務局としては、資料が期日通り出揃うか一番そわそわする時期です。
 
例年のカテゴリー別申請数を見ると、「ストラテジー」「ピープル」「オペレーション」が多い順です。
「ストラテジー」には、ビジネスモデルの変化に合わせたセンター改革事例や顧客ロイヤルティ向上施策、そして経営貢献の手法や事例などが見受けられます。
「ピープル」は昨今の採用難や働き方改革の適用事例などに加えて、チームワークやモチベーションの強化策が常に入っています。
「オペレーション」は幅の広いテーマですから、運営手法や計数運営への変革の軌跡を中心としながら定石にとらわれない組織体制での運営成果や新たなチャネル対応への挑戦など様々な発表がありました。
よく質問されることですが、同一カテゴリーへの申請数が多ければ受賞確率が低いかというと決してそうではないことが証明されています。
あくまで得票数の多い順に選考されますので他の参加者の共感を得る中身が大事です。
いずれの申請も「なるほど」と感心する中身が必ずあるのですが、あれもやったこれもやったと総花的な紹介に埋もれてしまって良さが際立って表現されていない申請も多くあります。
できるだけ申請内容はシンプルに、わかりやすく言いたいことに一貫性があることが評価を高めます。
アワード公式HPのFAQには6項目の「審査・投票の基準」が掲載されていますので、この基準に照らしてシナリオに一貫性があるか、必要な内容が網羅されているか、余分なことは書きすぎていないか改めてチェックしてみて下さい。
 
さて、参加者の相互投票で第2次選考に進むファイナリストが決まるというオープン・アワードですから、他の参加企業に申請内容を見てもらう、発表会に来てもらうというプロモーションも重要です。
テーマ、副題の付け方だけでも興味の引き方は違いますから、十分吟味して下さい。
今年はプロモーションに動画を投稿して頂ける事になりました。
16日以降マイページ上に公開されますので、申請資料に書ききれなかったことや他の参加者に伝えたいことは是非動画にしたためて掲載して下さい。
 
従来に増してどの企業においても、コンタクトセンターの「顧客対応」の重要性が高まっています。サービスの商品化が進んでいるわけですが、皆様が懸念されているように「人」にまつわる悩みは深く、運営はますます難しくなりつつあります。
こういった環境において上手にセンター運営するための知恵と工夫は業界全体で共有すべきだと思っています。
その意味で、アワードの申請資料や発表会で新たな発見や「なるほど」のたねはまさしく業界の知見となりえます。
アワーその資料と発表を通じて皆様の英知に触れ、視野が広がることを楽しみにしています。
今年度アワードの参加者はもちろんのこと、過去参加者も7月21日の全申請発表会には参加できます。他社から学ぶ、お互いに磨く・競うアワードです。多くの方の参加をお待ちします。
 
 
アワード事務局代表、審査員 谷口 修

個人表彰審査員ブログ/長沼審査員

『本年度、リーダー・オブ・ザ・イヤーの審査員を務めさせて頂きます、
DHLジャパン株式会社カスタマーサービス本部の長沼です。
昨年度、この賞を受賞した後、社内外から沢山の方に声を掛けて頂き、この賞の影響の大きさを改めて実感致しました。
日頃サポート頂いております関係者各位に改めて御礼申し上げます。 
 
さてこのリーダー・オブ・ザ・イヤーの選考過程ですが、書類審査、面接を経て表彰に至る、とてもシンプルなものです。
実技や試験がある訳ではありません。リーダーの皆様が1年間取り組んできた内容を、その時の熱い気持ちのままに記し、語って頂ければと思います。
また、自薦、他薦でもどちらでもお申込みが可能です。素晴らしいリーダーの存在を、ぜひ社外へアピールしたい、という方は勿論ですが、
自社内に個人を表彰する制度自体が無かったり、表彰制度の内容と合致しなかったりする場合にも、
このリーダー・オブ・ザ・イヤーにチャレンジして頂くのもよろしいかと思います。私自身の個人的な感想ではありますが、
社外表彰を受けたという実績の影響は大きく、大々的に社内の広報誌でも取り上げられ、反響がありました。
 
私もリーダーとしての経験が10年を越え、リーダーとしての面白さ、醍醐味を、日々感じております。
成果目標にチーム一丸となって達成した時は勿論ですが、最近では新入社員が苦しみながらも成長を続け、壁を乗り越えていく姿を見ていると、
感動に近い喜びを味わう事ができたり、リーダーとしてのやりがいは一つだけでは無く、常に新しい発見の繰り返し、という事を日々実感しております。
このように、私もまだまだ試行錯誤を続けておりますので、
ぜひ審査員として皆様の様々な取り組みをこの機会にお伺いし、学ばせて頂きたいと思っております。』
 
DHLジャパン㈱
長沼英樹

個人表彰審査員ブログ/津江審査員

昨年度リーダー・オブ・ザ・イヤーをいただきました、富士通コミュニケーションサービスの津江と申します。
 
今年もいよいよLOY、そしてアワードの受付が始まりました。このブログを読んでいらっしゃる皆さんは、すでに申し込みを決めている方、まだ迷っている方など様々だと思います。
今回は、昨年のLOYの審査の様子や感じたことなどについてご紹介したいと思います。
迷っていらっしゃる方の背中を少しでも押すことができたら嬉しいです。
 
昨年はLOYが始まってまだ3年目、また、弊社での申請も初めてだったため、要領がわからず戸惑いがありましたが、書類審査に合格し二次審査に進むことができました。
二次審査は複数の審査員によるインタビューが行われます。開始前は不安もありましたが、始まってみると終始和やかな雰囲気で、「試験」というような雰囲気はまったくありませんでした。
私は外資系のコンタクトセンターの採用担当として業界経験をスタートさせ、トレーナー、QA、OP等幅広く業務を経験した後、弊社へは2005年に入社しました。
入社以来取り組んできた運用と人材育成の標準化やフレームワーク構築の活動について様々な角度からご質問をいただくことで、改めて自身の活動を振り返り、また、これからの活動という点では、自分の思いを新たにする機会をいただくことができたとも思っています。
申請することが決まったとき、実は少々気恥ずかしく感じておりましたが、受賞を通じて改めて自分の力だけでなく、多くのスタッフや同僚、上司に支えられていたことなども実感することができました。
 
センター表彰と違って、個人賞であるLOYは申請をためらわれる方も多そうですが、多くのセンターの優れたノウハウを知り、多くの方々と情報を共有する素晴らしい機会です。
まだ迷っていらっしゃる方は、是非チャレンジしてみてください。

運営組織
主催

株式会社リックテレコム
コールセンタージャパン編集部


共催

イーパートナーズ有限会社

ページトップへ