コンタクトセンターの未来を考えるセミナー 8/31開催セミナー/ワークショップ/交流会

コンタクトセンターの未来を考えるセミナー 8/31開催

定員に達しましたので受付を終了いたしました。


セミナーテーマ:RPA活用、セルフサービス—採用難を乗り越える現場力/生産性向上の秘訣

コンタクトセンターをはじめとしたフロントオフィス業務における最大の課題は、未曾有の採用難から生じる人手不足です。この難局を乗り切るには、現場発の改善、とくにITの有効活用が最大のポイントとなります。Webセルフサービスの充実はもちろん、コールセンターでの対応が起点となって発生するさまざまな業務、そしてSVやマネジメントの管理業務の一部を支援する「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」が注目を集めています。本セミナーでは、RPAの有効性とセルフサービス活用を含めた「現場力向上」を検証します。
主催
コンタクトセンター・アワード事務局
開催日時
2017年8月31日(木)  開場:14:30 開始:15:00
お申し込み受付期間
2017年7月13日 (木)~2017年8月17日 (木)

定員に達し次第、お申し込みを締め切る場合がございますのでご了承ください。

お申込みはメンバー登録後、マイページへログインしてからお願いします。

▶メンバー登録はこちら
参加費

無料

※アワードゴールドスポンサーであるTMJ様のご協賛により無料とさせて頂きます。
 ※但webからのお申し込みは必要です。メンバー登録の上、マイページからお申し込み下さい。
参加証はダウンロードの上印刷してご持参下さい。

対象者
インハウスまたはアウトソースでコールセンターを運営する企業のセンター責任者、企画/戦略担当者
(アウトソースベンダー/人材派遣会社を除く)
定員
60名
AGENDA
開始時間 所要時間 内容 出演
第1部
15:00 50分 講演1
「RPA」の基本知識とコールセンター活用
アビームコンサルティング 執行役員 プリンシパル 秋山 紀郎氏 
15:50 40分 講演2
現場の改善活動から生まれる「意味ある自動化」
TMJの小さな改善活動で生まれた取り組みは、コンタクトセンター・アワードでも評価され、その幾つかは受賞しました。
現場での継続的な取り組みこそが重要で、改善するための視点や手法は日々進化し続けています。業務のプロセスを科学的に見直すことで発見されていく改善点、その結果として活用する自動化・RPAは、ツールやシステムありきのものとは実用性がまるで違います。ポイントを解説します。
TMJ 代表取締役社長 丸山 英毅氏
16:30 15分 休憩
第2部
16:45 60分 パネルディスカッション
コンタクトセンターの「働き方改革」
「自動化」がもたらす生産性とCSの両立
内容: 採用が難しいのならば、既存のリソースで品質を維持する以外に方法はない。その解決策は、「顧客の自己解決を促す仕組み」「オペレータの業務処理効率化」にある。事例企業を招き、対応自動化の成果を聞くとともに、センター運営のプロであるアウトソーサーに業務効率化のコツや仕組みを聞く。
パネラー:
アビームコンサルティング秋山紀郎氏
TMJ丸山英毅氏
バッファロー品質保証部CS課 課長 嶋田 豊秋 氏
モデレータ:コールセンタージャパン矢島竜児
第3部
17:50 90分 懇親会
19:20 終了

会場概要
場所:TMJ会議室
住所:〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル
地図
注意事項
※ アウトソーサー(テレマーケティング会社)、人材派遣会社はお申込みできません。
※ 1社あたり参加者は最大2名とさせていただきます。
※ 撮影・録音はご遠慮下さい。
※ 配布資料はありません。
※ 懇親/交流会だけの参加はご遠慮下さい。
※ 当日緊急時のご連絡は事務局 谷口 090-7184-0552 までご連絡ください。
運営組織
主催

株式会社リックテレコム
コールセンタージャパン編集部


共催

イー・パートナーズ有限会社

ページトップへ