ブログ

審査員ブログ【第3回/2021年】(和泉審査員)

このブログを読んで下さっている方々へ質問です。皆様のセンターは、理想の姿を実現できていますか?
できていないとしたら、課題はどのようなことでしょうか?
 
● デジタル化が進んでいない
● 予算が足りない
● 離職率が高止まりしている
● センターのプレゼンスが低い
● 顧客満足が上がらない
● 現場管理者が育たない
● 生産性が上がらない
● ミスやトラブルの処理に追われる
● テレワークを導入できない
● 増加する業務量に追い付かない
● 戦略的な方向性が見えない
 
これらは良く話題に上るセンターの課題です。「これはできている、ここは今一歩だな」と思いながらリストを読まれた方も多いのではないでしょうか。
 
業種や職務に関わらず、センター運営には共通の課題が多くあります。「うちのセンターは特殊だから」という言葉をよく耳にしますが、本当にそうでしょうか。もちろん、センターそれぞれに異なる業務や責任を担っていますが、その土台となる運営の基本は同じです。
だからこそ、アワードの相互研鑽に大きな価値があります。
 
「わざわざ発表するようなことは何もない」と思っている方も多いようですが、そんなことはありません。貴社センターで成功している施策は、それを課題とする他社センターにとって、大きなヒントになること請け合いです。反対に、他社センターの取り組みが、貴社センターの大きな改善ヒントに繋がる可能性も高いです。相互研鑽で多くのセンターが進化すれば、業界全体が活性化し、更なる進化に向かう活力が生まれます。
 
アワードはセンター従事者の英知を結集し、次世代に向けて進化する最高の舞台となりますので、皆様の積極的なご参加をお待ちしております!
 
 

ゴールドスポンサー
シルバースポンサー
運営組織
主催

株式会社リックテレコム
コールセンタージャパン編集部


共催

イー・パートナーズ有限会社

ページトップへ