ブログ

センター表彰審査員ブログ/矢島審査員 2019年度

今年も、主催者を代表して審査員を務めさせていただきます、コールセンタージャパン編集部の矢島です。
 
「令和」という、耳慣れないけども、“新しい時代”が到来するまであと数日。テレビや雑誌、ネットでしきりと「平成を振り返る」的な企画が取り上げられています。
 
平成の後半、休むことなく「コンタクトセンター・アワード」を開催できたのは、ひとえに参加いただいた皆様、スポンサーとしてご支援いただいた皆様、そして審査員の皆様のお尽力によるものでした。まずは、深くお礼申し上げます。
 
顧客接点であるコンタクトセンターが日本国内で設置され始めたのは、平成10年頃からです。電話による顧客対応を効率的に「処理」する存在だったコンタクトセンターは、インターネットが普及・拡大し、あらゆる市場がコモディティ化するなか、「差別化」の手段として位置づけられ、かつ「お客様の声」を集め、分析する拠点として進化してきました。近年はオペレーションや分析のいずれの面でもAI活用の最前線と位置づけられています。
 
コンタクトセンター・アワードへの申請も、電話対応の効率化からマルチ/オムニチャネル、AI事例までさまざまな取組が報告されています。いわば、アワードの歴史(ログ)は「日本のカスタマーサービスの変化の歴史」であり、さらに「コンタクトセンター進化の歴史」でもあると考えています。
 
もちろん、これからもアワードは続きます。センター運営企業の皆様はもちろん、ITベンダー、アウトソーサーの皆様など、すべての業界関係者の方々にお願いです。ぜひアワードに参加いただき、「令和のカスタマーサービス/コンタクトセンター」の歴史を記録する力になっていただきたく、主催者として、そして皆様にお役に立つ情報を提供するメディアとして、お願い申し上げます。
 
今年も審査会でお会いできることを楽しみにしております。よろしくお願いいたします。
 

ゴールドスポンサー
シルバースポンサー
サポーター
オフィス環境賞スポンサー
コクヨ株式会社
運営組織
主催

株式会社リックテレコム
コールセンタージャパン編集部


共催

イー・パートナーズ有限会社

ページトップへ