ブログ

事務局ブログ【第12回】2018年

今日22日は今年度コンタクトセンター・アワード、センター表彰部門申請書類の提出期限です。
既に提出手順のトライアルを実施して頂いていますが、資料の最終バージョンへの変更をお忘れなく。
22社、25申請の応募者の皆様、時間厳守でお願いします。
 
本日以降センター表彰部門は審査段階に入ります。
参加企業同士の相互投票で得票上位になるとファイナリストとして最優秀賞をかけた最終審査/発表会に駒を進めることができます。
キャッチーな申請タイトルやサブテーマで多くの参加者の興味を引き付けられるかどうかがポイントですが、動画を活用して補足説明や資料閲覧への誘導を行っていただくことができます。
工夫を凝らした動画によって、発表会への来場プロモーションをお考え下さい。
動画は何回でも入れ替えて頂くことも可能です。
 
週明けには7月19日(木)開催の全申請発表会の時間割を公開します。
3会場に分かれて、1会場最大9申請の発表を連続して行います。
1申請の発表時間は20分、その後質疑応答時間を5分とります。
聞き逃せない、見逃せない発表を時間割表であらかじめ確認して参加して下さい。
事前に資料閲覧して頂ければより一層理解も深まります。
質問したいことがあればあらかじめ準備して当日直接疑問をぶつけて下さい。
発表資料は配布されませんので、事前学習必須です。
折角の機会ですので、「学ぶ」「磨く」ことに集中して下さい。
 
1申請につき5名の参加枠があります。
記名5名ではありませんので、当日お渡しする参加証は会場内参加人数5名分として有効に使い回してください。でも不足するという方は事務局まで追加申込をお願いします。
毎年何社かから「参加していないけれども勉強のために全申請発表会に参加したい」とのご要望を頂いていますが、アワードの取り組みは相互研鑽が趣旨であり、参加しないで他社のことだけを聞くことはできません。ご了承ください。
 
でも9月の最終発表会は一般申し込みも受け付け可能ですので、その日まで楽しみにお待ちください。
過去参加された実績がある企業であれば、今年は不参加でも全申請発表会に参加頂くことが可能です。
社名が変わった、あるいはM&A等で会社が統廃合された場合でも大丈夫ですので過去参加企業リストをご覧頂いてご確認ください。
https://www.cc-award.com/common/pdf/past_award_list.pdf
ご質問ご相談等ありましたら遠慮なく事務局までご連絡ください。
https://www.cc-award.com/contact/
 
個人賞「リーダーシップ・アワード」へのご応募は7月26日(木)まで受け付けています。
人が資産のコンタクトセンターにあって素晴らしい働きをされている方々にスポットライトを当てる表彰部門です。
是非こちらへの応募もご検討下さい。
https://www.cc-award.com/loy/
 
 

ゴールドスポンサー
富士通コミュニケーションサービス株式会社
シルバースポンサー
サポーター
運営組織
主催

株式会社リックテレコム
コールセンタージャパン編集部


共催

イー・パートナーズ有限会社

ページトップへ