ブログ

事務局ブログ【第9回】2018年

残すところ3週間。今年度のセンター表彰部門への申請期限が5月31日と迫ってきました。
 
連休後のシフト調整でなかなかマネジメントの集まる時間が取れない、景気好調で忙しさが増していて先のことを考える余裕がないなどセンターそれぞれに事情があることと思います。
しかしながらご安心を。
申し込みは今月一杯にして頂く必要がありますが、申請資料の提出には更に3週間の余裕があります。6月22日までにご提出いただければ大丈夫です。
 
年に1回の業務棚卸の機会です。
アワードに参加することで昨年を振り返り、成果を確認し、明日への課題を明らかにすることができます。社内で年度替わりには必ずやっているのでわざわざアワードの参加する必要はない、とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、社外の、それも同じ顧客応対の専門組織に従事する参加者の視点や意見に触れることとは大きな違いがあります。
示唆や刺激を受け止めて、オープンな思考で視野を広げて明日のマネジメントに生かして下さい。
 
テーマやシナリオをどうしようかと悩む・・
こんな施策と成果は第三者的にはどう評価されるかしら?
参加したいけれど上司を説得する手伝いをしてほしい・・
センターそれぞれにお悩みはありますよね。そのようなアワード参加の決断に立ちはだかる障害を乗り越えるご相談にはいつでも喜んで対応させていただきますので事務局へご連絡下さい。
時間に制限がありますのでお早めに。
 
毎年ご相談をいただく中の1つに、「ピープル」「ストラテジー」「オペレーション」「テクノロジー」「ヘルプデスク/アウトソーシング」の5部門への申請数はどうなっていますか?というものがあります。
想像するに、どの申請部門に応募することが受賞確率が高いか、を探る質問だと思いますが、実際のところ、この申請数と受賞確率は相関がありません。
申請数に比例した受賞率ではありませんし、どの部門からも受賞者を出さなければならない訳ではなく投票順位上位からの受賞となりますので結果的に関係がないのです。
申請部門をあまり意識せずに、申請内容から判断して申請部門をお決め下さい。
加えて朗報は、既にお知らせしているように今年は審査員特別賞の1つとして「イノベーション・アワード」を創設することが決まっています。
どの申請部門に応募されていてもイノベーション要素が評価できれば受賞できる可能性があります。楽しみにして下さい。
 
時間の経つのは早いものです。
思い立ったらすぐ行動。先送りせずに直ぐにお申し込み下さい。
多くの申請が学びとなって明日に活きます。たくさんの発表を楽しみにしています!
 
 

ゴールドスポンサー
富士通コミュニケーションサービス株式会社
シルバースポンサー
サポーター
運営組織
主催

株式会社リックテレコム
コールセンタージャパン編集部


共催

イー・パートナーズ有限会社

ページトップへ