ブログ

事務局ブログ【第10回】

7月21日(金)には今年度アワード5部門申請にお申し込み頂いた23社25申請の発表会が開催されました。
今年初めてアワードにご参加頂いた2社の発表はもちろん新鮮でしたが、継続あるいは過去参加の皆さまからの発表も、表現力に富み、示唆に富んだ発表ばかりでした。
発表者の方は本当にお疲れ様でした!
終日、各社のプレゼンをお聞き頂いた参加者の方々も多くの刺激と学びがあったことと思います。お疲れ様でした!

発表頂いた申請企業の業種分類は以下の通りです。

業務分類1

通信・情報サービス 32%
生損保   14%
サービス業 14%
その他製造 14%
通信販売業 9%
電気機械製造 5%
銀行 4%
証券 4%
運輸 4%

業務分類2

コンタクトセンターの業務分類はあらゆる顧客対応を行う「カスタマーサービス全般」に対応しているセンターからの応募が65%と最も多く、テクニカルサポート13%, その他13%と続いています。
照会だけ、受注だけといった専門窓口よりも圧倒的に複数スキルを持って運営されているセンターからの応募が中心です。

業務分類3

センター規模では、51~250席の中規模センターが33%, 続いて50以下、501~1000という小規模、大規模が21%づつと裾野が広がり、1000席以上のセンターも17%と、あらゆる規模のセンターから万遍なく応募があることがわかります。

発表頂いた申請内容、取り組みテーマも多岐にわたり、改善・改革の着眼点や成果に焦点を当てたものや、様々なしがらみや制約を打破する努力や工夫、意識改革による課題解決など大いに参考になる取り組みが紹介されました。
痔社の取り組みを棚卸しする良い機会であったでしょうし、他社センターとのベンチマークの視点では大いに参考になる気付きを得ることのできた1日だったと思います。

さて、これから28日(金)までは投票を通じて「競う」段階に入ります。
締切時間は28日18:00です。それまでに投票をお済ませ下さい。
自社申請分には投票できません。
必ず他社の申請に票を投じて下さい。
1票づつでも、何票かまとめてでも、お持ちの全10票の投票権を有効にお使い下さい。
多くの票を集めた申請がファイナリストとして9月28日(木)の最終発表会の出場権を獲得します。
申請企業の申請責任者が子登録をした方々もマイページから投票可能です。
登楼されているどなたからの投票も上書きされ、最終的には28日18:00の締切時点の投票が有効となります。

ファイナリストに選ばれた申請企業には8月7日(月)中に事務局から選定された旨お電話でご連絡致します。
楽しみにお待ち下さい!
ファイナリストが確定した後、8月10日(金)には最終発表審査会の時間割を公開します。

運営組織
主催

株式会社リックテレコム
コールセンタージャパン編集部


共催

イー・パートナーズ有限会社

ページトップへ