ブログ

審査員ブログ-センター表彰部門【第6回/2022年】(谷口審査員)

コロナ禍の長い期間で様々な問題が浮き彫りになったコンタクトセンターも多いことと思います。従来からの運営を踏襲し続けていて本質的な課題に向き合ってこなかったことでの問題の露呈といった側面もあるでしょう。
テレワークが浸透し、外出の機会が減った顧客の期待値も大きく変わりました。
後手後手の対症療法的運営ではなく、本質的な顧客の期待値の変化を感じ取り、大事なコンタクトに集中して顧客に満足して頂くセンターを構築するという本来のあるべき姿を追求する必要があるのではないでしょうか?
 
さて、過去18年間にアワードにご参加頂いた応募数は460申請を超えています。
様々なチャレンジを実践してこられたセンターの記録です。
コンタクトセンターにコンタクトする顧客は人間であり、18年間のセンターのチャレンジはその人間に対するコールセンターのかかわり方を追求しているものばかりです。
本質を追求する様々なチャレンジを一部のセンターの取り組みだとみるのではなく、自分事として受け止めて頂きたいと思っています。
申請されている事例にみるお客様とオペレータ、センター内のスタッフ同士など人間同士の営みの様々な事例を知ることは刺激や新たな発想、応用につながります。
参加しなければ知ることのできない過去や参加企業の英知に触れることと、顧客対応という同じ業務を行う仲間としての交流を行うことのできるアワードにできるだけ多くのセンターの方にご参加頂きたく思っています。
 
アワードは学びの場です。
自社の取り組みを開示することを前提に他社の学びに触れることができる「相互研鑽」の精神がアワードには息づいています。
この難しい時代だからこそ益々他社との情報交換を進め自らの情報量を増やして下さい。参加することによってのみ得ることのできる多くの学びを期待して沢山のセンターからご参加頂けることを期待しています。
 
アワード事務局代表、審査員 谷口 修

ゴールドスポンサー
シルバースポンサー
オフィス環境賞スポンサー
コクヨ株式会社
運営組織
主催

株式会社リックテレコム
コールセンタージャパン編集部


共催

イー・パートナーズ有限会社

ページトップへ